FC2ブログ

Nice is Nice

リアルディズニーシー

12月に入り、日本も本格的にクリスマスシーズンに突入したことと思います。
キリスト教の国フランスでは、クリスマスも本気。
プレゼント交換してパーティーして・・・・以上。な日本
(違うという方ごめんなさい。私は↑な感じでした)
とは異なり、伝統に則ったイベントやお料理や
クリスマスまでの過ごし方があります。

こちらではクリスマスのことをノエルと言いますが、
本格的なノエル。本当に楽しみです。

と思いきやなんとニースではノエルがあまり伝統的な感じじゃないらしい・・・笑
コムジャポネ(日本と同じ感じだよ)といわれました・・・笑
フランスの北のほうとか、中欧などはもっと厳かな雰囲気らしいのですが。


それはさておきノエルです。
ニースの広場や散歩道もクリスマスツリーで飾られ、
街は着々と準備を進めています。


夕方通りかかった家の近くの広場。
リアルディスニーシー!!という感じの楽しい雰囲気が漂っていました。

realdesney.jpg
最近特設された丸い電灯がかわいい!
そしてひとつだけ、電灯じゃないものが・・・!
お月様です。
どれだかわかりますか??
スポンサーサイト



フランスでアパート探し

今ホームステイをしているのですが、
契約が切れるのが1月末。

ってことで、この半月、アパート探しをしてみました。

部屋探しの基準は
①安全・・・命だけは持って帰りたい。歩いて回れるほどのニース中心部ですが、
       いいエリアとそうでないエリアがあります。
②価格・・・月450ユーロの予算
③交通の便・・・交通の便のよさと安全性は比例します。
          アクセスの良いところ、バス・トラムが遅くまであるところ。

基本はインターネットで。
http://www.mapiaule.com/
コチラのサイトを使って部屋探ししました。
え?フランス語?って感じですが、私のPCが恐ろしく学習能力があるため、
いつの頃からかフランス語サイトを勝手に日本語訳してくれるようになりました。
なので、大方の情報を日本語で確認して、
その後原文にもどし、細かいニュアンスをチェック。
(自動翻訳はあまり当てにならないので)

目を通した中から良しと判断したアパートについて、
15件ほどメールを送りました。
そのうち良いお返事をもらえたのが4件ほど。
ここを見学することになります。

今回は完全な一人暮らしではなく、コロカッションと現地で呼ばれている
ルームシェアの方法をとることにしました。
なので同居人が誰なのかが超重要。
男性一人、とかの部屋は自動的に消去。
あとは部屋の写真を掲載していない広告主や
異様に安い部屋なども消去消去。。。

その中で第一候補の物件は、41歳の女性が住んでいるお宅で
ニースのやや南側に位置するお宅。
メールでのやり取りもとてもスムーズで信用できるかなと思いました。
部屋を探すにあたっては、ホストマザー、日本人留学生、外国人留学生etc
いろんな人にアドバイスをもらいましたが、
この物件の位置に関しては100%、全員が「安全!!」といってくれたところ。

というわけで先週早速見学に。

マンションの5階(フランス語では4階と表現します)にあるお宅で
広くは無いけどとってもかわいく、リビング・キッチン・お風呂・トイレも
綺麗に整頓されていました。

そして同居する予定の方が超親切。
明るくてさっぱりした方でした。
その方はニース市で働く公務員さん。
(多分)離婚しているようで、1週間おきに10歳くらいの男の子が
一緒にステイしているとのことです。
(1週間おきにパパのところとママのところを行き来しているとのこと)

正直なところ、この立地で、この設備で430ユーロは安い。
というわけでなぜ??と聞いてみたのですが(笑)
部屋代としていただくお金としてその額が必要だけど
収入の手段とはしていないから、これで十分と言っていました。

前に入っていた人の情報も重要・・・・と思っていろいろ聞いてみましたが
学生さんとかが数カ月おきに入っていたようで、
私が入れる時期もその前日まで1人入っている予定とのこと。
多くの人が入りたいと判断する場所であればヨシでしょう。

というわけで、2月頭からお引越しすることになりました。
部屋探しはいろんな人が助けてくれて賞味2週間。
感謝感謝です。

最後に!同居する予定の方は英語が話せない!
引き続き言葉のブラッシュアップに励みます。

ストライキ

今日郵便為替を作る必要があって、郵便局にいったんです。
したらば「そのサービスは今日はやってない」と。

曜日によってサービスを分けているのか。!?!?
そんなことありえるのか???と
ちょっとびっくしつつ、

「今日ダメなのはココだけなの?他の郵便局ならOKなの?」
と聞いてみました。

日本では公共サービス(もはや公共ではないけど)で
ここはダメだけどあっちはOKなんてことはちょっと考えにくいけど、
フランスだし、何が起こっているかわからない!なので
とりあえず、全ての郵便局が火曜日はそのサービスをしないのか
ここだけなのかを聞いてみたわけです。

したらば「知らない」と。

なぬ!?

「明日?」と聞いてみたら「そう、明日」とにっこり。
笑ってる場合じゃないでしょ。

仕方ないのでとりあえず別の郵便局を覗いてみることにして
歩くこと10分。
郵便局発見!そういえは初めて郵便局を使ったのがここでした。

よしよし・・・と思って覗いてみると、なんとお休み!

?????

OK,どうやら場所によってサービスが異なるみたい。
普通のお店にしても、フランスは日本に比べて
チェーン展開しているところが少ないし、
個別の事情に合わせてやってるのかもしれない。

というわけで、開いている郵便局もあるはず!と
さらに歩くこと20分。
第3の郵便局を発見してやっと郵便為替を作ることができました。


ところで本日、どうやら郵便局でストライキをしていたとのこと。
そいういうことだったか!
そうだよね、郵便局のサービスが局によって異なるって考えにくいよね!?
って、郵便局がストライキをすることのほうがよっぽど
考えにくいけど・・・・!
このおかげで友人は母国から届いている荷物を受け取れ無かったりと
なかなかハードな一日でした。

聞くところによると、去年ニース周辺の国鉄で4ヶ月のストライキがあったのだとか。
今日の授業はストライキの話題からスタートしたのですが、
ヨーロッパは全体的にストライキを良くやっていて、
フランス・イタリアは特に多いみたい。
フランスがストライキしててもあまり気にする必要は無いけど
ドイツがストライキしたら本気だから深刻に受け止めなきゃならない・・・
なんて話にもなりました。
ドイツはヨーロッパの中でも例外的にストライキをしない国だそうです。

そしてとどめと言いますか・・・・今日はなんと大学の学食もストライキ!!!!笑
マジで!?
(最近マレーシアからの友人が「マジで!?」を覚えて連発しています)

Louis Vuittonn Trohy ルイ・ヴィトントロフィー

ただいまニースで「ルイヴィトントロフィー」なるヨットのレースが開催されています!
街のいたるところに看板が掲げられていて、
通学の時は、海の向こうのほうでレースを繰り広げるヨットが小さく見えました。
例年場所(国)を変えて開催されているようで、今年はニース。
ここ2週間ほど盛り上がっています。
どんなレースなのか?どんな規模なのか?さっぱり分からないのですが、
街をあげて応援しているようです。

オフィシャルサイト(音が出ます)

さてこのルイヴィトントロフィー、海の競技なため、海岸からはよく見えないんです。
ってわけで、毎日3便、応援のための船が出ています!
知っていてトライしないわけがない!今日、行って参りました♪

実はこれ、トライするのが2回目。
先週、朝8時に友達と待ち合わせ、出かけたは良いけど、その時点で定員オーバー。
あきらめて朝市探検とロクビュルヌ小旅行に予定変更していたのでした。
が!あきらめきれない!!と本日リベンジ。集合は朝の6:30です!

そしてこれ、無料なんです。
ニースは、文化にしろスポーツなどにしろ、市民が楽しめるイベントが充実している気がします。
ニースだけなのかフランス全体なのか分かりませんが、先日の
大規模なコンサートや映画しかり。
無料or低価格でよいものに触れることができます。

とはいえ、無料とあって、あまり期待していなかったのが本当のところ。笑
せいぜい30分くらい海に出て、レースの一部を見れるくらいかなと思っていました。
が!船に滞在すること7時間!!!
海の上でのんびり過ごして、本当に素敵な一日になりました。


20091121-2.jpg  
海から眺めるニース!いつも過ごしている街ですが
コチラ(海)から見ることは初めてです。


ルールは良く分からなかったのですが、複数人(10人くらい?)で1隻のヨットを操縦し、
決められたコースをいかに早く進むかを競っているようでした。
国ごとにチームを組んで、各レースとも2カ国の対戦です。
イタリア対イギリス、ロシア対オーストラリアなどなどの対戦を見てきました。

20091121-3.jpg 20091121-4.jpg 
船からの眺め。案外早く進みます。

20091121-5.jpg
そしてヨットはこんな感じ!

20091121-10.jpg
船内ではレースの状況が中継されています。

けっこう本気で観戦している人も多く、レース中見やすい場所を考えて
みなさんあっちへいったりこっちへ行ったり。
とともに、のんびり船の上で過ごす贅沢な時間も楽しめました。
20091121.jpg

20091121-7.jpg
船長さんと思しき人と。

20091121-12.jpg
なんと朝ごはんとお昼ご飯のビュッフェも楽しめました♪

こんかいのはニース市も企画に参加しているとのことですが、
この船はイタリアの国籍だそう。
だからかどうか分かりませんが、デザートのティラミスとカフェが
最高においしかったです★

そして、7時間も同じ船にいたもので、たくさんのお客さんたちと
おしゃべりを楽しむことができました。
フランス語もブラッシュアップできたかな。?

思いがけないお楽しみに大満足だった一日。
明日はたくさん寝てゆっくりすごそうと思います。

20091121-16.jpg
帰り道の夕日。

プチ移住

今日からホストマザーが旅行に出かけるので
留守の間、彼女のお友達のフランソワ夫妻のお宅に滞在します。
60さいくらいのご夫婦で、奥さんはホストマザーと同じく
語学の先生。
時々ホームステイの学生を受け入れているとのこと。

そう!なぜ私がホームステイを選んだかというと、
フランスの一般家庭の生活を見てみたかったから。

・夜の騒音を異様に嫌う?
・夜はテレビの明かりだけですごしている?
・食事は案外質素?
・本当に土足生活?

などなど・・・渡仏前から一般の家庭生活にすごーく興味がありました。
今、このおうちの生活は垣間見ることができてますが、
日本でもそうであるように、生活習慣って家庭ごとに違うもの。
いくつかのお宅を見れたら面白いなぁと思っていたところでした。

というわけで、ちょっと不便になるかもしれませんが
これから行ってまいります★