FC2ブログ

Nice is Nice

フィレンツェ FLORENCE, FIRENZE

せっかくイタリア行ってきたので旅行報告です~。
是非ローマに行って!と思いますが、
少し、というか完全に噴火が落ち着いてから、行ってください(T_T)


1日目:夕方ニースを出発、20:30にローマの空港着
2日目:アサイチで、フィレンツェに移動
3日目:フィレンツェ観光・夕方オルヴィエートに移動
4日目:オルヴィエート観光・お昼すぎにローマへ移動
5日目:ヴァチカン・ローマ観光
6日目:ローマ観光・夕方ニースに帰宅

の旅程。
今回は基本、1泊25ユーロ前後のユースホステルに泊りました。
27歳にもなってなにやってんだろ・・・とおもいつつ・・・(笑)


初日は着いて1泊しただけで特に何もしてませんが、
スリなり誘拐なり、さまざまな怖い話を耳にしていたので
警戒度満点!!!

次の日の朝イチで駅に行き、フィレンツェ行きの切符をゲット。
時間になるまで少し街歩きをしました。

イタリアといえば、ピッツァ!パスタ!ということで、
駅前で時間潰しに入ったパン屋さんでパン生地の(?)
四角いピザとカフェを注文。
ただの安いピザにもかかわらず、
これがおいしい!
まだ旅も始まってないうちから感動の始まりでした。

その後、ホーム探しに駆けずり回った挙句、
やっと見つけた電車に乗ってフィレンツェへ♪
フィレンツェはイタリア語「Firenze」の発音の様で、
フランス語だと「Florence」(フロランス)になります。

4時間かけて到着したフィレンツェは、
日本人的には冷静と情熱の間を思い出さずにはいられない、
かわいくてロマンチックな雰囲気満点の街でした。

florance.jpg florance-e.jpg florance-3.jpg

雨が降ってて激寒だったのだけが残念。
冷静となんたらの映画に加え、学生の時に友達が貸してくれた本、
今調べたら多分「メディチ家の人びと」って本かな、を思い出しました。
帰ったらもう一回読もう。

この街、スーパー観光地です。たくさんの人。
そして道にいる人みんなが地図を片手にきょろきょろしています。
もちろんわたしも例外にもれず。
全員でせーので宝探しでもしているかのような・・・
こういう風景、けっこう好きです(笑)

そうそうこの日の夜入ったトラットリア(気軽なレストラン?)
で目に入ったのはなんと「スパゲッティナポリタン」。
これって、ケチャップで和えてある、日本的なアレですか?と思って
あえて注文。
出てきたのはベーコンと野菜(何かは不明)を卵ソースであえたスパゲッティでした。
そして、激ウマ★
安いグラスワインも、濃い味がして、大満足でした。

スポンサーサイト



ただいま~!

昨日の夜、イタリアから帰ってきました~!
イタリア、素敵です。

「今年の夏はどっか行こうかな~、どこにしようかな~」
と思っている方、ぜひローマへ!!

警戒していたスリ・誘拐には無事遭わず、無事帰ってこれました。
(でもスリに遭った人、誘拐されそうになった人には
出会ったので、気をつけた方が良い場所みたいです)
そしてさらに警戒していた交通の乱れは無く、満足です。

短期だったら「イタリア旅行」ではなく「ローマ旅行」でいけるとおもいます。
といいつつ、途中で寄った街・村も素敵でした。

小旅行

ちょっとお出かけしてきます。
今回はイタリア!

前回のベルギーの反省はイマイチ活かされず、
情報不足の感が否めないのですが、
今日3日から5泊して、8日にニースに帰ってきます~!

ローマ、フィレンツェ、オルヴィエートに滞在です。
ザ★観光!という感じの情緒の無い旅になりそうです・・・
が、密かに楽しみなのが「オルヴィエート」という小さい村。
ワインが有名らしいのですが、初めて聞いた!と言う人が多いかもしれないですネ。
でも、イタリア内でどこを旅行しようかな~と調べていると
けっこうこの村の名前が出てきて、根強いファンが多いようです。
底まで降りていける、恐ろしく深い井戸があるらしいので行ってみます。


これがそのオルヴィエート
ちょっと、この写真、鼻血ものですね!


そういえば私が旅行するときは交通関係の乱れが付き物ですので、
今回もかなり警戒しています。笑
理由は無いんです。私が旅行をする、と言うだけで何らかのトラブルがあります。
何かが遅れても、基本的に帰りの飛行機までには何とかできそうな
旅程を組んでいます。

では行ってきます♪

ベルギー旅行 まさかの5日目@Paris

パリって、一体何を書いているんだ?と我ながら思うのですが・・・。

3泊4日、ベルギー旅行のはずが、実は
4泊5日になったんです。

そして行ってきました、パリ★
20091230-2.jpg 20091230-3.jpg 20091230-4.jpg
パリ北駅とパリリヨン駅。
観光時間賞味10分・・・。

行きたくて行ったんじゃないんです。
パリ自体はもちろん行きたいけど・・・。

22日の夜にeasyjetで帰ってくるはずだったのですが、
あろうことかフライトキャンセル!!!!
帰ってこれなかったんです。。。

18:35に出発するはずが、遅延により結局20:55発ということになり、
ニースに着いたらバスないな・・・とか思いつつ
なんとか飛行機に乗ることは出来ましたが。
いつまでたっても飛ばない。

困ったな~と思っていたら結局フライトキャンセルということで。

飛行機から降りて、荷物を取って、案内を確認して・・・ってしていて
結局空港を脱出できたのが23:00。

それにしても、時期が時期ですからね。
日本でもこの時期は帰省ラッシュがありますがそれはヨーロッパでも同じ。
ノエルに向けて地元に帰る人で飛行機は満員なわけです。

なので、キャンセルされた際に
「明日代替便があるの?他の便に変更できるの?」って聞いたけど、
翌日も翌々日も飛行機はすでに満員とのこと。
とりあえず電車で帰ることを勧められ、そうはいってもどうやって・・・?
っていうなんともしっくりこない状態で、easyjetがとってくれたホテルへ。

次の日、easyjetのアドバイスに従ってまず空港にある鉄道駅へ。

旅行前にインターネットでいくつかの旅行記を読んでいて、
「パリから電車で行きました!」って人が何人かいたことを思い出し、
たしか1~2時間って書いてあったな、と。
パリまでいければTGVというフランス版新幹線がニースまで出ているはずだから
それに乗ればいいなと。

で、駅に行ったのですが帰省客で満員なのは電車だって同じこと!
とにかく、「今日はニースへはいけません」と。ただこれだけ。
パリまでは行けるけどその先はないと。

念のため、と思ってもう一度easyjetのオフィスへ。
でもこちらも同じくその日も翌日もフライトは満員。

他の航空会社も聞いたけど、その日は満員で、翌日の飛行機がとれそうだったけど
300ユーロ。

で、今度は電車で次の日帰れるか調べに。
次の日であればブリュッセルから乗り換えなしで帰れるということがわかりました。

が、もう一泊ブリュッセルに泊りたいかというと
私は3泊4日で計画していたのでその中で出来ることは最大限にやり
すでに満足というか、自分の中で旅行が完結していたので
もう一泊するってことはかなり時間が持てるんだけど
さらに観光したいかというとそんな気持でもなく・・・。

というわけでとりあえず空港からブリュッセルの中心まで移動し、
念のためと思ってもう一度駅で確認したら
その日のニース行きの電車で空きが見つかったので、
それで帰ってきました。

ってわけで、やや散々だった旅行の最終日。
学生で、冬休みだし、ヨーロッパ内での移動だし、
まだ余裕をもって見ていられましたが
これが仕事の用だったり、日本からの旅行だったりしたら
かなりのダメージだろうなぁぁ。。。と。
って、友達に話したら「その立場だったらeasyjet使わないでしょ」と・・・。
そうなんだ・・・。

ちなみに一応天候が理由ということになっていますが、
他の飛行機は全部飛んでいたので、たぶん違うよなという気がしています。

そして電車で帰ってくるのにかかった費用が200ユーロ。
これも仕事をしている身だったら「今月は節約しよう~」くらいなのですが
無職の立場としては今後の生活方針を練り直さねばならないくらいのダメージです。

って、マジでそれは困るので今補償の要求をしているところなのですが
どうなるかはわかりません。


おおむね、おかねが余分にかかったこと意外は
貴重な経験だったなとおもしろがっている自分がいるのですが。
あ~それにしても帰ってこられたのでそんなことも言ってられますが
翌日の便が何一つ見つからなかったときは焦りました。


20091230-6.jpg
フランス内での異動で停車した南仏の駅。
天気はあまりよくありませんでしたが、パリからニースと、
フランスを一気に縦断し、フランスがどれだけ農業やってるか
よくわかりました。

それにしてもこの時期はヨーロッパ全域に寒波が来ていて
ユーロスターも3日間動けずとか、大変だった人も多かったようですね。
クリスマス直前で、タイミングが悪かったな~~~!
ニースも私の旅行期間中ずっと雨だったらしく、こんなことは普通ない、
とマダムが言っていました。

なんてしてたらすでに12月30日!
あした、大掃除します!!!

ベルギー旅行 小さいこと

ベルギー旅行の最大の不安は「寒さ」
出発前の友達のリサーチでは日々マイナス1度とか2度とかで
行っていて、ニースに住む用意しかしていない私は
果たしていってもよいのだろうか?と思っていました。


初日。
まず空港に着いた直後、ちょっと外に出てみて温度チェック。
案外、そこまで寒くない?
とはいえ・・・と思ってヒートテック(ユニクロ)を一枚中に着て、
靴下を二重履きにして、いざホテルまで異動です!

荷物が多かったのと、いそいそと歩き回ったのとでそれほど寒くなく、
ホテルについて荷物を置いて、
さらに一応・・・とタイツを重ね履きして街へ出動。

寒いといえば寒いけど、対策できないほどの寒さではなく、
「そりゃぁ人がこれだけ住んでいるわけだしね」
と余裕を感じていたのもつかの間!

日が暮れた後の寒くなりようと言ったら!!!!


ところでホットワイン、好きですか??
私は大好き。今ニースでも屋台が出ていて飲むことができますが、
正直、ニースではホットワインはお楽しみのためだけに存在している・・・・
と、ここへきて気づきました。
ベルギーでは、お楽しみとかではなく、
無いと外にいられないくらいの寒さ。

画像 105
思わず目を疑った温度計。

この日は余りの寒さにものすごく疲れ、
ホテルに帰っても何もできず・・・・。
シャワーを浴びる元気はなく、本を読む余裕はなく、
せっかく買ったベルギービールを飲むこともできず、即寝。

寒さってやっぱり怖いです!!


そして翌日からはその経験に学び、万全の準備を。
かなり格好悪いのですが面白いから書きます。笑

*毎日の服装*
・タイツ
・ヒートテックももひき①
・ヒートテックももひき②
・くつした①
・くつした②
・くつした③(フリース素材)
・ヒートテックシャツ
・ヒートテックハイネックシャツ
・セーター①
・セーター②
・フリース
・コート
・マフラー
・帽子
・手袋
・おなかに張るホッカイロ!!!

その後毎日これ。
もう、着替えるのも大変です。

ここまで着れば雪が降ろうが日が暮れようがOK!
時々暑かったけど、寒いよりはずっといいので頑張りました。
それにしても、コートの中はかなりパンパンでした。

ちなみに現地の人たちと言えば、
スキーウェア的な熱を通さないコートを着ている人も多いけど、
案外普通のコートの人も多い。
そして下はジーンズだけで、私のようにモコモコしている様子もない。。。
どうなっちゃってるんでしょう??