FC2ブログ

Nice is Nice

Coupe de Monde(クップ ドゥ モンド)

ワールドカップです。
まさかの(?)日本1勝。
日本ではさぞかし盛り上がっているのでは??

フランスもサッカーが強い国(と聞いています。)
TVも新聞もワールドカップ三昧です。
ちなみにワールドカップはフランス語でCoupe de Mondeと言います。
Coupeは賞とか杯とか、Mondeは世界なので
ワールドカップと同じ意味ですネ。

日本VSカメルーンの時は私もTVで見ていました。
サッカーはあまり詳しくないのですが、日本よりカメルーンの方が
強いというのが世界の認識だったようで、試合終了後
コメンテーターの方たちが「いや~びっくりの結果ですね~」と
繰り返していました。(失礼しちゃいますよねーーーー!!)

肝心のフランスと言えば、今年はイマイチらしく、
私の友人のフランス人もご不満の模様。
新聞でも一面に負けた直後の膝を落とした先週の姿が載せられていたり
試合翌日はなんとなく、街に元気がないような・・・笑
留学生同士でも「フランス人にこの話題振っていいかどうか微妙だね・・・」って
話したりしてます。笑

6月18日

ほぼ毎日目にしてきた海。
7月からはまた海なし生活(@栃木)が始まります。
見おさめ・・・ってことで懲りずに通っている海ですが
日差しの強さが半端じゃないので
基本午前9時~10時までまたは
午後14時以降の出動、ってことにしています。

18062010-2.jpg 18062010.jpg

海は、バカンスでのんびりしに来たであろう人に加えて、
明らかな地元の人(まぁわかりませんが)も結構います。
トップレスでお昼寝するお姉さんとか、本読んでるおばさんとか
こんがり焼いてるおじさんとか、結構一人の人が多いんです。

ちなみに私がよく行く朝の時間帯はどちらかというと
高年齢タイム★
今日載せた写真、海で泳いでる人がちらほらいるのですが
この日は全員、60歳以上な感じの方々でした。
なんかいいですネこういうの。

夏休み

あと2週間で帰国です。
日本の社会人さぼって10カ月も好き勝手してしまいました。

一生分くらい羽伸ばしちゃったから、さぁ一生働くか!
という気持ちが一つ。

と同時に、やっぱりあの多忙な生活を一生出来るかというと
正直自信がないのと、
他のスタイルも本当は選べるんじゃないかという気持ちがひとつ。
(予定を入れまくっていた自分も悪いのですが・・・)

そりゃあこっちではただの学生だったので
全体的に生活の印象は仕事してた頃より良いのは当たり前ですが
仕事さえ頑張ってればすなわち人生もOKってのは
(どちらかというと日本にいたころはそう思ってる節もあった)
あまりに寂しいんじゃないかって気もします。


皆さん夏休みはどう過ごしますか?
私は仕事に慣れるべく頑張って仕事します。笑


以下、理想の夏休み像★
lerance.jpg lerance-2.jpg lerance-3.jpg lerance-4.jpg

6月9日

恐ろしく日差しの強いニースです。
すでに例年の3倍くらい黒くなってしまいました・・・。
去年の夏の自分の写真を見てびっくりです。白っ・・・。笑

友人がネイリストさんをしているのですが、使っているインク(ジェル)、
爪に塗った後で専用の強い光を当てるとプラスチックのように固まる仕組みです。
が、ニースでは普通に日が入るところで使っていると固まってしまうそうな。
日本ではそんなことなかったらしいです。

09062010.jpg

?iki

すみません、ご無沙汰してしまいました。

本日は、フランスのパソコン事情をお伝えします★

パソコンなんて機能も見た目も、どの国でも一緒でしょ、と思っていたのですが
外国人の友達のパソコンを借りた際など、キーボードの配列が
びみょ~うに違ったりする場面に出くわします。
そのせいで文字を消したいのにEnter押しまくっちゃったりして
わけがわからなくなるのでちょっとイライラしたりします。笑

日本ではローマ字から文字を入力する人が大多数かと思いますが
日本語直接打ち込みもできますよね。
見てると、中国語入力、日本語で言うところのローマ字入力的に
発音から入力もできるみたいですが、へんを入力→つくりを入力
まさに漢字を書くかのように打ち込みをしたりもするそうです。

さて、フランス語は?というと、コレまた特殊。
英語にも無いようなアクセント記号があります。
というわけでフランス語のキーボードがどうなっているかというと、こうです。

eとかaとかのアルファベットの上にへんなちょんちょんがついていたりするの、
見えるでしょうか?それがアクセントです。

って、アクセントはさておき、このキーボード、大変なことになってます。
日本のPCと比べるとaとqの位置が、またwとzの位置が正反対に。
mは日本のPCの+(ひらがなのれがある)のところで打ちます。
また数字は全てシフトを押しながら。
!は日本で言う?の位置に。
?を出したいときは日本PCのmをシフトを押しながら。(つまりM)

という具合。
学校でネット上の練習問題を解いたりする時間があるのですが
最初のころは時間がかかるの何のって。
ホイホイと進めて良く良く見直してみたら
おもいっきり入力ミスしてたり、打ちたい記号を探して時間を喰ってしまったり。

でもそれはまだいいんです。
大変なのは自分のPCでフランス語を打つ時。
簡単に言語変換ができ、フランス語を打つことができます。
が、キーボード上にフランス語の入力内容が記載されてるわけじゃないので
(そりゃそうです、日本で買った日本語用PCなので!)
このキーボード表とにらめっこしながらの入力。

表を見るのがめんどくさい時は当たりをつけて色々打ちまくって
キーを探してみたり。
やっと慣れてきたころに日本語用のを使うとあれ、「あ」ってどこだっけ?
とかになってしまったり。笑

自分の名前なんかはもはや無意識入力の世界なので必ず間違えてしまいます。
フランス語キーボードで「Miki」と打つと「?iki」になってしまいます。
何となく怪しいというか気持ち悪い感じです・・・笑

私たちが慣れ親しんでいる配列のキーボードの方が世界的には一般的の様で
qwerty型と言われるらしいです。
(↑一番上のアルファベット列を左から6つ打つとこうなる)
一方フランスのはazerty型と呼ばれているそう。

フランス語打ち、精進します。